「群馬自治」連載 パソコン活用法 第7回目 平成12年7月号

  

Great! 太田市例規類集

         梅 村  透     

 太田市は、本年4月からホームページに例規類集を掲載しています。市のすべての条例、規則に加え、「規程」、「要綱」、「運用」も掲載されており、他の条文が引用されている場合には、ハイパーリンクも設定されています。そのメリットを整理してみました。

<市民にとってのメリット>

  • 市役所や公民館に出向くことなく、自宅や職場において、市のルールの詳細を確認できるので、時間や自動車の使用を大幅に節約できる
  • 市のルールの全体像が把握でき、行政の主役として、市行政全般を理解できる。
  • 各種審議会や地区別座談会等の際に、iモードやノートパソコンにより、条例等を確認しながら議論できる。
  • 本型「例規類集」の加除印刷に関連する費用が大幅に削減できる。

<太田市職員にとってのメリット>

  • パソコンの「検索・置換」機能の利用により、条例等の改正の際に、改正漏れがなくなる。
  • 出張や地区別座談会等の際、本型「例規類集」を持って行く煩わしさから開放される。
  • 自宅において、最新の例規を確認できる。

<他の自治体職員にとってのメリット>

  • 例えば、太田市HPに掲載されている給料表(一部を除いて同額)をエクセルにコピーし、所属自治体の業務に応用できる。
  • 「太田市ではどんな規定になっているのか。」ということが、いつでもどこでも確認できる。
  • 太田市よりも遅れて同様な条例等を起案する際に、パソコンへの入力時間が大幅に節約できる。

<共通のメリット>

  • パソコンの検索機能により、必要な条文にたどりつく時間が大幅に節約できる。
  • 他条例等の引用条文にハイパーリンクが設定されており、引用元条文を確認しながら読めるので、理解が容易(「ハイパーリンク」、「脚注」、「映像」又は「音声」の利用により、理解を容易にするいろいろな工夫が可能)
  • 頻繁なHP更新により「加除整理」のタイムラグが解決でき、最新の例規を確認できる。

 以上のように多くのメリットが挙げられますが、何と言っても最大のメリットは、「市民が自宅で市のルールの全部を確認できること」だと思います。

 スポーツにおいて、選手がファインプレーをするには、ルールに精通していなければなりません。行政においても、主役である住民がルールを知ることが重要です。今の状態は、住民がルールを知らないで、クリケットのグランドに立たされたようなものではないでしょうか。

 ところで、現在の市町村の公告式は、江戸時代の高札の名残で役場等の掲示場に掲載するという方法で行われています。何人の住民が見るか疑問です。

 21世紀には、権威的な掲示場掲載を改め、条例等の概要を広報紙に、概要、全文及び説明情報をホームページに掲載するという公告式に改めるべきではないでしょうか。
(群馬県町村会事務局職員 ご質問等は umemura@ba.mbn.or.jp まで)

Home