「群馬自治」連載 パソコン活用法 第11回目 平成13年7月号

  

「群馬県町村会 Web研修所」の開設について
〜県内町村職員皆様のインターネット上の講義及び受講をお願いします。〜

群馬県町村会事務局 総務課長 梅 村  透

 群馬県町村会では、本年8月1日に「群馬県町村会 Web研修所」を開設します。概要は、以下のとおりです。

【現行研修システムの問題点】

 本会の現行研修システムにおける問題点として、(1)時間と場所の制約があるため忙しい職員が研修を受けられない、(2)担当職務以外の研修を受けられない、(3)職別研修については同じ講義を繰返し受講できないので内容改訂に対応できない、(4)一度受講しただけでは時間の経過とともに研修内容の詳細を忘れてしまう、という4点が挙げられます。

 特に、(1)の問題については深刻で、平成12年度の県内町村職員の各種研修への参加率は、16.5%(6人に1人)でした。地方分権時代において問題解決能力の向上を目的とする研修の重要性が強調されておりますが、研修参加者は一部の職員だけです。(4)の問題があるので、研修が重要視されない風潮があるのかもしれません。

【Web研修所の概要】

1 当分の間、本会主催の研修会で講師の了承を得られる研修資料及び動画、音声又は説明文をパスワードで保護されたWeb研修所のホームページに掲載し、開催通知にてその旨お知らせします。

<効果>

  • 研修に参加できない職員が受講できる。(上記問題点(1)に対応)

  • 担当職務以外の職員が受講できる。  (  〃  (2) 〃 )

  • 最新の内容を受講できる。        (  〃  (3) 〃 )

  • 予習及び復習により長期記憶となる。 (  〃  (4) 〃 )

2 町村職員がその専門分野をパワーポイント等により作成した講義及び自主研究グループの研究成果をWeb研修所のホームページに掲載します。

<効果>

  • 受講する立場から講師の立場になり、その分野の知識がさらに充実する。

  • 町村職員が多分野の研修を受講できるようになり、その情報を仕事へ応用できる。

  • 質疑応答により、町村職員間のネットワークができる。

 Web研修所が機能するためには、講師及び町村職員皆様の公益へのボランティア意識が頼りです。趣旨をご理解のうえ、パワーポイント等により作成した講義を提供されますようお願い申し上げます。なお、7月1日現在、試験運用しておりますので、ご覧ください。

 Web研修所のURL http://www.gck.gr.jp/ac/ (パスワードは各町村へ通知済です。)

Home