宣 言

 

美しい自然に恵まれた群馬県の町村は、国土・景観の保全や文化・伝統の継承はもとより、食料の供給、水源かん養、自然環境の保全等の公益的機能も果たし、国民生活にとって極めて大きな役割を果たしている。

そして、住民との距離が近い町村の長所と地域資源を活かし、住民自治の充実自治体として、住民の誰もが居場所と出番がある幸福度の高い理想の自治体への道を着実に歩んでいる。

このような国民一人ひとりにとって、かけがえのない財産であり、日本人の「心のふるさと」である町村を明日の世代、そして新たに生まれてくる世代に引き継いでいくことも我々町村長の責務である。

現在、国においては、一億総活躍社会の実現に向けた取組が行われているところであるが、町村の価値や魅力のさらなる向上策、子育て環境の充実、都市との共生策など、我々が進めている地方創生の取組は、まさに一億総活躍社会の実現につながるものである。

我々は、基幹産業である農業や観光の振興はもとより、再生可能エネルギーの蓄積や災害時のバックアップ機能など新たな価値や限りない潜在力を踏まえ、各町村の個性と長所を活かして地域経済の充実や都市との共生を図り、住民の満足度・幸福度をさらに高めるため、果敢に行動していく。

さらに、県内町村間の絆や連携を一層深め、自然災害等の非常時においては、友愛と相互扶助の精神の下、被災住民の安全・安心を確保するため、各町村が一致団結して被災自治体への支援に全力を尽くすことをここに誓う。

 

以上、宣言する。

 

 平成29年2月16日

 

                             群馬県町村会定期総会