宣 言

 

美しい自然に恵まれた群馬県の町村は、国土や景観の保全はもとより国民生活にとってかけがえのない水や食料を安定的に供給する公益的機能を果たしながら、住民同士が助け合い、地域の伝統・文化を守り、「住民自治の充実自治体」として、住民が生き甲斐と誇りを持てる幸福度の高い理想の自治体への道を着実に歩んでいる。 

しかしながら、少子化及び高齢化の急速な同時進行により、農山村地域に所在する町村では、合計特殊出生率は東京などの都市地域に比べ総じて高い水準を維持しながらも、人口減少の克服に向け適切に対応しなければならない状況となっている。

この大きな課題に対し、国主導により「地方創生」政策が進められているが、本県の町村は、長年その個性と特長に応じて地道に取り組んできた地域振興策を重視しつつ、潜在力を最大限に伸ばしていかなければならない。

我々群馬県の町村は、田園回帰がブランド化しつつある中で、基幹産業である農業や観光の振興はもとより、再生可能エネルギーの蓄積や災害時のバックアップ機能など農山村の新たな価値や潜在力を踏まえ、各町村の個性と長所を活かして人口減少の克服を図るとともに、都市と農山村が「共生」しうる社会を構築し、住民の幸福度をさらに高めるため、果敢に行動していくことをここに誓う。

 

以上、宣言する。

 

 平成28年2月9日

 

                             群馬県町村会定期総会