我が国は、バブル崩壊の傷と低迷する経済の影が様々な分野に疲弊感を募らせ今なお混迷から抜け出せずにいる。「改革なくして成長なし」の掛け声と共に、構造改革の一環に位置付けられた市町村合併推進の動きは、多様な特性を持つ地域社会の自治権を減少させ、我々町村長に曾てない重大な選択と決断を迫っている。

 自立を目指す町村、合併により新生自治体に期待を寄せる町村と、群馬県町村会を構成する町村もまた大きな変革のうねりの中にある。

 わけても、小規模町村が権限縮小と財政困窮の予兆を感じながら前途に待ち構える困難を覚悟しつつ、自立の道を目指す日々が苦悩に満ちたものであることは疑うべくもない。

 昨秋の第27次地方制度調査会答申の後、政府は過年度来掲げている市町村再編の数値目標千を目指し合併の更なる推進を打ち出しているが、多様性という豊かさの指標とも言うべき個性ある多くの町村を統合し、その画一化を目指しているに外ならない。

 「国が目指す日本の地域社会とは何か」、「地域社会運営のプロとしての我々町村長の描く町や村の姿とは如何なるものであったか」、まさに我々は歴史的決断のときを迎えたと認識するものである。

 翻って、国民に対し自ら範を垂れるべき国会における代表者は、如何なる形でこの変革の荒波を乗り越えるための痛みを自らに課そうとしているのか。今こそ国民に示すべきである。

 我々は、町村の困難と挫折の長い歴史の中で多くを学んで来た。

 町村とは、「その地域の歴史や文化を共有する住民が『理想の人間社会の構築』を目指し、互いが協力し支え合う舞台」である。そしてまた、その舞台で、それぞれの役を演じ切れる住民があってこそ真の自治体である。

 我々は、人々が理想と地域社会での存在感を持ち、義務と責任を全うし得る社会こそ民主主義社会の真価と心得、激動する時代の流れに呑み込まれることなく未来に輝く町村という舞台の礎となることを、ここに誓う。

 

以上、宣言する。

 

平成16年2月20日

                             

群馬県町村会定期総会